Our Business
テロリズム・セキュリティ

2001年9月11日にアメリカ中枢を襲った航空機による同時多発テロは、全世界にその想像を超える事態に対する衝撃を与えました。これをきっかけに、テロリズムは、グローバル化・国際犯罪の様相を増す組織形態、テロ兵器を生み出す技術の高度化といった変容を顕在化させました。

企業には、こうしたテロリズムに対する従業員の安全確保、投資家・消費者に対する信用リスクを最適に管理する能力が問われます。それは、コストを度外視し建物を要塞化するのではなく、いかにバランス良く費用対効果の高いテロ対策を構築することにあります。

サービス

ABSコンサルティングは、米国を中心とした対テロ・プロジェクトの経験を基に、日本におけるテロリズム対策として、さまざまなニーズに沿った分析・計画の策定を提案しています。

  1. 企業に対する爆破テロ対策
    1. テロ対策のスクリーニング
      施設のレイアウト、構造図等から簡易解析により、ガラスの破損リスク、建物の連鎖倒壊リスク、被害を受けやすい場所の特定等を検討します。
    2. テロ対策の詳細解析
      爆破リスクの詳細解析を行い、ガラス・建物の補強、フェンス・機械警備によるセキュリティ強化等の必要性を検討します。新築建物の場合は、爆破テロ対策を設計段階からアプローチできるため、既存建物に比べより効果的な爆破テロ対策が策定できます。
    3. リスク軽減方法の検討
      建物構造・保険・アセットアロケーション等から、企業がとるべき最適のリスク軽減方法を検討します。

  1. 工場・プラント・物流施設に対する防犯セキュリティ対策
    1. セキュリティ対策のスクリーニング
      建物重要施設等、ターゲットを選定し、約700項目に及ぶチェックリストにより、セキュリティ上の弱点を洗い出し、重点を置くべき事項、具体策の検討を行います。
    2. セキュリティ・リスク軽減方法の検討
      警備・監視装置、出入り及び貨物管理、文書管理、訓練、緊急時対応手順等の組み合わせにより、最適のセキュリティ構築の検討を行います。
  1. テロ緊急対応計画の策定
    発生してしまったテロに対する緊急時の対応方法を計画化し、予防・緊急対応・復旧のプロセスを提案します。具体的には、被害の拡大を防止、緊急対応活動機能の向上、人命・資産の保護、二次災害の防止、業務再開の迅速化を目的として、策定を行います。
© Copyright 2016 ABSG Consulting Inc. All Rights Reserved.