Our Business
構造解析・設計コンサルティング
Performance-Based-Design

Performance-Based-Design 日本でも建築物の設計法が性能指向型設計法へと移行したことにより、クライアント・ユーザーにとって建物性能の選択肢の自由度が広がりました。つまり、目標とする性能も多様化し、それに応えていくことが設計者に求められているのです。

1995年、記憶に新しい阪神淡路大震災は、一瞬のうちに六千人以上の人命、そして数兆円とも言われる経済損失をもたらし、日本の災害史にその脅威を刻みました。この経験から、構造物自体の耐震性のみならず、収容物、設備機器などの資産損失、それによる業務中断による間接損害、人命など、全てをトータルしたライフサイクルコストの面からも、構造物のリスクを的確に把握し、それらを総合的にマネジメントしていく重要性があらためて認識されました。 Perfomance-Based-Designは、このようにリスクマネジメントにおいても、重要なポイントとなります。

ABSコンサルティングは、そのリスクマネジメントに関する経験から、免震、制振デバイスの適用と言った最先端の技術を駆使するなど、多様化するニーズに対して非常に合理的かつ的確な設計ソリューションを提供することができます。構造物の耐震性能、耐久性、使用性能などのユーザーのニーズに対して、それを満足する設計を行い、さらに、それによってどの程度の経済効果があるかを明確にします。これにより、構造物の地震保険をどの程度にすべきかなど的確なリスクマネジメント案の策定へとつながるのです。つまり、耐震性を追求した設計に加えて、保険などソフト面からのリスクマネジメントも考慮したバランス良い設計を行います。

ABSコンサルティングは、世界的な視野に立ったリスク関連業務の実績を踏まえた本質的かつ独創的な手法を用いて、構造物や構造システムに内包されるリスクを的確にマネジメントし、お客様の資本投下効率を最大化いたします。

【 ABSコンサルティングのコンサルティングメニュー例 】
入力外乱の設定から構造物の設計Performance-Based-Design
構造設計全般のコンサルティング
各種プラント構造物、生産工場、電算センターにおけるリスク低減コンサルティング(→詳細PDF)
非構造部材の地震対策コンサルティング(→詳細PDF)
© Copyright 2016 ABSG Consulting Inc. All Rights Reserved.